書籍詳細


amazonで購入する
amazon.co.jp
書名

からたちの花 吉屋信子少女小説集1 

著者
吉屋信子=著
定価
1,800円+税
判型・造本
B6判、288頁
ISBN
978-4-89257-131-2

少女雑誌に掲載された『花物語』が圧倒的な支持を得、数々の名作で大正・昭和の女学生の心を掴んで離さなかった作家、吉屋信子。吉屋信子の少女小説は、ひとりひとりの人間が自分らしく生きることの大切さを描いた色褪せない作品群であり、老若男女問わず、今も多くの読者に愛され続けています。

 

吉屋信子が遺した珠玉の少女小説を選んだ「吉屋信子少女小説集」を全5巻の予定で出版いたします。吉屋信子の少女小説は、『花物語』に代表されるように、可憐で繊細な少女性の表現を基調としています。今回のラインナップでは、戦後の荒廃した世相を背景とした作品や、容貌のすぐれない少女を主人公にした作品など、多彩な作品群を収録し、吉屋信子の少女小説の世界を理解するうえで重要作をラインナップいたしました。

 

1巻は、容貌のすぐれず、愛情に飢え、家族や学校といった周囲と不調和をきたした女の子・麻子が、<私>のあるべき姿を見つけ、大人への一歩を踏み出していくさまを描いた成長物語です。美しい妹への嫉妬、友人より優位に立ちたいという競争心、でしゃばりな振る舞い―—麻子はそういったものからどうやって解き放たれ、他人も自分も愛することができる女性になっていくのでしょうか。麻子の多感な心と魂の遍歴を描いた、必読の感動作です。

1巻には『少女の友』の編集長であり、吉屋信子の創作活動を支えた内山基によるエッセイ「からたちの花の思い出」と、川崎賢子(文芸・演劇評論家)による解説を収録。

シリーズ全巻を、松本かつぢの愛らしく美しい装画でお届けします。

 

<刊行予定>

2巻 青いノート・少年

 

3巻 白鸚鵡

 

4巻 街の子だち

 

5巻 七本椿

*『小さき花々』の未単行本化短篇を併録

 

装画 松本かつぢ

B5判並製

 

(*収録内容は変更になる可能性もございます)

(2015年9月2日発売)

著者詳細

吉屋信子

1896年、新潟市生まれ。栃木高等女学校に在学中から少女雑誌に投稿。1916年から『少女画報』に連載された「花物語」が女学生の圧倒的な支持を得、ベストセラーになる。1919年、長篇小説「地の果まで」が大阪朝日新聞の懸賞で一等に当選。1936年から新聞連載された「良人の貞操」が好評を博す。少女小説、純文学、歴史小説、随筆と幅広く執筆活動をおこなう。1952年「鬼火」で女流文学賞、1967年に菊池寛賞を受賞。『わすれなぐさ』『安宅家の人々』『徳川の夫人たち』など著書多数。1973年、逝去。

 

装画 松本かつぢ

1904年、神戸市生まれ。エキゾティックで繊細な少女画を描き、『少女の世界』『少女の友』で少女達の人気を得る。1938年、『くるくるクルミちゃん』を連載開始。クルミちゃんは愛すべきキャラクターとして定着し、次々とグッズ化され 、昭和のキャラクターグッズの元祖となった。1986年、逝去。

書評一覧

東京/中日新聞(10月18日)、雑誌『MOE』12月号で書評掲載されました。千野帽子氏による書評が「エキレビ!」に掲載されました。…